« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月19日 (月)

「38人の作家が表現するトラとゾウたち」始まりました @文房堂ギャラリー

いよいよ文房堂ギャラリーで、チャリティー展が始まりました。

朝から搬入、飾りつけ。総数260点以上です。

草食動物のゾウは飲み込むように食べるので、食べた草木や木の実が未消化のままフンに出てきます。そのフンを綺麗にすいて作られたゾウフンペーパー。和紙のような素敵な風合いです。

そこにも多くの作家さんに描いていただきました。

Dsc_04171

その前に並べられたシンガポールのビール「TIGER」とタイのビール「CHAN」。チャンとはタイ語でゾウの意味。Dsc_04211_2

Dsc_04231

今回の呼びかけ人、小林裕児さん。寅年に初めて「トラへの寄付を」と申し出てくださってから、ライブペインティングやら今回のチャリティー展の企画やら、トラ・ゾウとの深い絆を作ってくださいました。今回の作家さんたちとの新しい出会いも小林さん繋がりです。皆さん、トラやゾウの魅力を多いに感じてくださったようです。

Dsc_03971

長年JTEFにご協力下さっている田中豊美さん。まさに野生の世界を描いてくださっています。

Dsc_04101

Dsc_04041 

作家のみなさま、ありがとうございます。ここでは、ほんの一部の作品しか紹介できないのが残念です。

とても楽しい展覧会です。ぜひ、おいでください!24日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

生きもの達の鼓動展 オープニングパーティー

16日(金)まで吾妻橋のギャラリーアビアントで開かれている「生きもの達の鼓動展」。

皆既日食の綺麗なお月さまの晩に、ギャラリートーク&オープニングパーティーが開かれました。                                                                                                                                                                  

Photo

今回は井上奈奈さんの繋がりで、すてきな動物たちの作品を作ってくださったプロの作家さんの中に、動物作家、故戸川幸夫が趣味で描いていた絵も3点、展示させていただきました。

おもてのウィンドウに飾ってあるのはサルの中に戸川幸夫自画像が描かれています。人間もサルの仲間。ヒトも動物も同じ仲間。

Photo_2

井上奈奈さんが少女時代に読んだ「オーロラの下で」を再度読み返し、描いてくださった作品の前で。このロシア人が見ている先にはオオカミを父に犬を母に持つ白いオオカミ犬がじっと見つめているもう1つの凛としたすてきな絵が。

Photo_3

今回のプロデュースをして下さった御子柴さん。とらぞうではなく、御子柴だいぞうさんです。御子柴さんの後ろにもステキな作品が楽しく飾られています。

Photo_4

ギャラリートークにはこんなにたくさんの方々が集まってくださいました。絵や作品を通して作家さんは動物たちのすばらしさを伝える広報担当者。よろしくお願いします!

Photo_5

また新しい繋がりができて、嬉しい日でしたheart

金曜日まで開催中。

スカイツリーの真下です。

ぜひお立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »